ベトナム在住 大学生社会人 22歳

ベトナムに在住している大学休学中の22歳です

ベトナムで一番下なう

「何か凄い方なんですか??」

 

最近ツイッターでこのメッセージが届くことが増えました。

おそらくぼくが毎日昼カフェで休んだり、好きな時間に筋トレしたり

フィリピンに行ったり、タイに行ったりetc…

割と自由な時間を使って好きなことばかりしているからフォロワーの皆さんが錯覚して

自由な時間がたくさんある人だ=お金持ちだ=凄い人だ!!!

ってロジカルでこういうメッセージが届くことが増えたのだと思います。

 

結論から言うとぼくはすごくないです。特別お金持ちでもないです。

ベトナムに住んでいる普通の大学生です。

 

改めてぼくの紹介をさせていただくと今は大学2年間休学中です。

現在はベトナムで貿易の仕事をしています。去年はカナダで1年間英語を学びました。

筋トレと旅行が大好きです。英語話せます。

Twitter,ブログでは主にベトナム生活について、筋トレについて、旅先での出来事、ぼくが日々挑戦していること、本、ネットで学んだことの発信を行っています。

 

今日2018年10月17日時点でTwitterのフォロワー数87人

ブログの1日の平均PV数は200~300です。

 

今日カフェでコーヒーを飲んでいるとふと

「ぼくがSNS上でフォロワーさん、ブログの読者さんに対して提供できている"価値"とは一体何だろう」と思いました。そして考えました。

 

ぼくのTwitter、ブログは今現在は発展途上であって、完璧なものではありません。

ただ、毎日200~PVのアクセスがある。

単純な計算ですが1日200人の人がぼくのブログを読んでくれています。

「どうして彼らはぼくのブログを読んでくれているのだろう?」

「彼らがぼくのブログに感じている”価値”は一体なんだろう?」

 

おそらくボクは今現在ベトナムにいる日本人の中で一番下です。

何が”下”かと言うと「人間性、考え方、スキルetc..”がまだまだ未熟ってことです。

ただ日々成長は確実にしているので3年後とかに凄くなっているかもです。

 

ナルトが火影になる過程を漫画で楽しむように

ボクが成長する過程をSNS上で楽しむ。

これがボクが皆さんに提供できる唯一の”価値”です。

f:id:vietnamjapanmiru:20181017210926j:plain

 

今までは「おれって何を売ってるんだ??」の迷走状態だったのが価値が明確になり

「おれは表参道でコーヒーを20代女性に向けて帰宅ラッシュの時間にモノトーンを基調としたマグでオシャレに売っているぞ!」

と“どこで、何を、誰に、いつ、どのように”が少し明確になった。

これもまた勉強。

 

今日偶然見た与沢翼さんのYoutubeで「日々勉強を行いなさい」って言葉が胸に刺さりました。

まずあんなに凄い人たちでも日々勉強していることに驚いた。

お金持ちの人が毎日勉強しているなら

ぼくは彼らのレベルに到達するには彼らの5倍くらいの勉強をしないといけないんじゃないか。

仮にお金持ちの人が1日6時間勉強しているとして6×5倍は30時間。

1日は24時間だから5倍の勉強時間30時間は現実的に考えて不可能。

だったら時間対効率を上げるしかない。

量も必要だけれど質も上げる必要がある。

今から寝るまでは再度、時間対効率の上げ方を勉強しようと思う。

1時間の勉強時間でどれだけ質の高い勉強ができるかをもっと突き詰めたい。

 

これからもTwiiter、ブログの更新続けますが

「22歳が頑張って成長してんな~^^」って暖かい親目線で見守っていただけると幸いです。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

”ダサい”ってなんですか。誰か教えてください。

先日カフェでベトナムコーヒーを飲みながらパソコンを触っていると

隣から日本語が聞こえた。

おばさん「ホーチミンにいる日本人ってなんかダサいよねー。

なんであんなにダサいんだろう。まず見た目がダサすぎる。

ホーチミンにダサい日本人が増えた。」

 

。。。。

 

これは果たしてぼくが日本人だと分かってぼくに聞こえるように言っているのか、

それともただ単におばちゃんの声が大きすぎるのか。

 

まぁ、”ホーチミンにいる日本人がダサい”に関しては正直ぼくもかすかに感じていました。

ホーチミンにいる日本人の多くがお世辞にも外見に気を使っているようには見えません。

 

ただ、一つ言えるのはこの文句を言っているおばちゃんもぼくからしたら外見で言うと結構ダサい。

おばさんの話が面白そうだったので少し耳をすませると、

 

ジャンプの⚪︎⚪︎くんがかっこいい、と歌上手いとか

ぼくは生粋の週間少年ジャンプの愛読者なので最初少年ジャンプの話してると思ったら違いました。

平成ジャンプかよ。おばちゃんはジャニオタのようです。

 

ぼくはベトナムのカフェで日本人の会話が聞こえると自然とイヤホンの音量を下げて彼らの話に耳を傾けたりします。

ただの好奇心から話を聞いてしまいます。その話が以外と面白かったりします。

ベトナムにいる日本人は珍しくはないが、多くもない。

そのためカフェで見かけるとぼくは少し意識します。

そして、この人はホーチミンで何をやっている人なんだろうか。

ベトナムに住んで長い人なのか。など会話からたくさんの情報を引き出すことが可能です。

 

 

ホーチミンで隣のマッチョがやたらこっちの話に耳傾けてるな。

って思ったらそれはぼくです^^

 

少し話を戻しますが、

ホーチミンにいる日本人はダサくないとは言えない。

服装に気を使っているようにも見えないし、髪も伸ばし放題、

せめてジェルで固めたりすればいいのに。って時々思います。

というかベトナムで前髪あるのは本当にやめた方がいいとぼくは思います。

このブログでも2,3度注意喚起しましたが

本当にでベトナム人からめちゃくちゃ文句言われてます。(ガチ)

見てるこっちが熱くなるからやめてくれ。とのこと。

ぼくもそれに関しては同感だし、その髪型でどうやって仕事やってんだろう。とぼくは時々思います。

 

ベトナムに来た当初海外保険に入ろうとして保険屋さんと会いました。保険屋さんは日本人でした。

背は高くてイケメン。ただ髪が長くてめちゃ汗かいている。おでこが前髪と汗でびちゃびちゃ。

身体はひょろくてなんだか頼りない。腕時計はつけていない。あの人からどうやって保険を買えばいいのか分からなかったです。

第一印象があまり良くなくて保険屋さんの会話が全く頭に入ってきませんでした。

結局その人には保険のお願いはしませんでした。

 

そんなに第一印象第一印象ばっかり言うなよ。って人が時々いますが

残念ながら人間として生まれた以上先天的に人を見た目で判断することは

僕らの脳みそにインプットされています。

心理学的に言うと第一印象は見た目が55%占めているそうです。約半分の割合です。

つまり人は初めてパッと人を見て「あ、こいつかっけぇな」or「あ、こいつキモいな」って見た目で判断します。

外見を磨くことで第一印象はの55%はクリアできます。つまりスタート地点が違うということ。

ただ、一つ例外があるのはステーブ・ジョブズが毎日同じ服を着ていたのは圧倒的個性、強みがあってできたということ。

圧倒的個性、強みがない人がジョブズの真似をするとただの不潔な人になってしまうので気をつけましょう。。

f:id:vietnamjapanmiru:20181016205231j:plain

 

”ダサい”っていうのは個人の圧倒的主観から判断されるものであって”ダサい”は人それぞれだとぼくは思います。

ただダサいおばさんが言っていたようにホーチミンにいる日本人が外見にあまり気を使ってるように見えないのも確か。

そんなぼくも誰かからあいつダサいと思われている。ダサいサイクルは不滅。

それな。

自販機ってベトナム人使い方あまりわかっていないのになんでベトナムにあるの??

今日ベトナム人の友達に先日見つけた自販機の写真を見せてこれ知ってる??って尋ねてみました。

f:id:vietnamjapanmiru:20181015205014j:plain

 

すると彼女は

「I know it, however I never tried it because I’m afraid(知ってるわ!でも怖いから使ったことないわね..」と言いました。

何が怖いのか尋ねるとお金が吸い込まれて後にジュースが出てくるのか不安、

もしジュースが出てこなかった場合はお金が戻ってくるかどうかが不安。とのこと。

ぼくのベトナム人の友達曰く数年前から自販機自体はベトナムには存在する。

しかし写真のタイプよりはもっと古いタイプの自販機。

こんな近代的な自販機は初めて見たとのこと。

 

ここで彼女からこの言葉が出た時にぼくが大好きなドラマ"リッチマンプアウーマン”の主人公日向徹のある言葉が同時に頭の中に出てきました。

「いつもの生活に不満がないから新しいことなんかしない。

機会が怖い、触る習慣がない。そう思う人間に、「これ欲しい。触ってみたい。」と思わせるものじゃなきゃダメなんだ」

という名言。King of 名言です。

f:id:vietnamjapanmiru:20181015205058j:plain

 

ベトナムでは自動販売機が怖い、自動販売機に触る習慣がない。

飲み物はコンビニ、出店で帰るから十分。と思っているベトナム人に「これ触ってみたい」と思わせるようにしたら良い。

 

そもそも日本で自動販売機が流行ったのは”人件費の高騰と高い人口密度”から。

日本の少子高齢化による労働力の減少と人件費の上昇から自動販売機が日本では適していた。

滝人口密度から地価の高騰を招き、小売店の営業コストもバカにはならない。

売店の営業コストを抑えるべく自動販売機を設置。

飲み物買える小売店が激減したため”仕方なく”自動販売機を利用。利用していくうちに自動販売機で飲み物を買うのが”当たり前”になったということだとぼくは思う。

 

また、日本での圧倒的に低い犯罪率から自動販売機の営業が可能とされている。

日本では実際に自動販売機が壊されたり盗まれたりといったことはほとんど起こらないらしい。

仮に自動販売機がブラジルにあった場合・・

考えたくもない。。

おそらく設置した次の日の朝にはなんらかの手段を用いられて根こそぎ持って行かれているだろう。。

そう考えるとベトナムは大丈夫か??笑

ベトナムは治安が悪いとは思わないが逆に良いとはぼくは思いません。

街中でのひったくり、泥棒の被害などは耳にする回数は少なくないです。

ベトナム自動販売機を流行らせる施策を打つ前に

盗まれない施策を打つべきだとぼくは思うけど。。

それとまだまだ自動販売機で買うための”理由付け”をしてあげないと。。

ちなみに写真の自動販売セブンイレブンから100mくらいのところにありました。

どういう考えを持ってその場所に自動販売機置いたのかぜひ置いた人にインタビューしてみたい。。

一か月で体重4kg減しました。。

ベトナムでのジム生活今日から復活しました。

長らく筋肉ケアを怠っていたぼくの身体はしぼみました。

9月15日ベトナムを出る前の体重は75.0kg

10月14日今日の体重は70.8kg

オーマイガー 4.2kg減量。。

f:id:vietnamjapanmiru:20181014203239j:plain

f:id:vietnamjapanmiru:20181014203242j:plain

 

今日久しぶりにホーチミンで以前行っていたジムに行くとベトナム人トレーナーに「No muscle!!!」って大声で言われました。笑

みんなに聞こえるからやめてくれwwww

 

たしかに1か月前にベトナム出る前まではまぁまぁ身体大きかったです。

 

日本では週に1回ほどジムに行っていました

ただ、やはりそれだけで身体を維持、向上させるには圧倒的に足りないです。

タイではほとんど筋トレしてません。

 

筋肉ってすぐ身体からなくなっていくんです。

本来身体には最低限の筋肉しか必要ないんですよね。

 

なぜなら筋肉が多ければ多いほど消費エネルギーが増えるから。

つまり筋肉が多いほど身体への負担は大きいです。

筋肉増える

消費エネルギーが増える

身体が疲れやすくなる

 

僕らの身体はできるだけ疲れたくない。

そのため身体には必要最低限の筋肉しか必要ないです!と身体には遺伝子的にインプットされています。

 

最低限の筋肉とは”歩く” 箸、茶碗を持つ” ”立つ”etc.. などを行うための筋肉です。

上記書いたことができれば人が生きてく上で困ることはないのです。

 

ただ、しかし筋肉には筋肉量を元に戻すチート技があります。

それは”マッスルメモリー”。

これは一度自分自身が到達した最高筋肉度は身体が覚えていて

たとえ筋肉が少なくなってもトレーニングすれば最高筋肉度までは簡単に行けるよ!

つまりは前のゴツさまでは身体が記憶してくれているから簡単に戻ることができるよ!

ってことです!素晴らしいマッスルメモリー

これを今日から駆使していこうと思います。

今日から1週間後の10月21日までに本気出して前の身体に戻します。

 

f:id:vietnamjapanmiru:20181014203254j:plain

 Where is my muscle???

Where is my motivation??????????????

1週間後同じ場所で写真撮ります。ヤります

ベトナム生活復活!!!

戻ってきましたベトナム ホーチミン

約3週間ぶりです。

バンコクからホーチミンのフライトは約1時間半でした。

 

空港からはわくわくで家に帰りました。

空港から家までは必殺 Grab。

ようやく家に着きました。カバンから鍵を取り出して

ドアを開けようとすると鍵が開かない。

あれ、おかしいなぁ・・

2,3度試しても開きません。

久しぶりすぎて家間違えたか。いやいや、そんなことはない。

周りを見てみると、どっからどう見ても3週間前までぼくが住んでた家です。

とにかくOwnerにメッセージしてみます。

ぼく「家が開かない!どうして??」

返事を待つこと5分後〜

 

オーナー「あ!ごめんごめん!鍵この前チェンジしたんだよ!」

 

理由を聞くとこれまた壮絶。

先日まで2階に住んでいたアメリカ人が3ヶ月家賃滞納していて言い争いになったらしい。その晩アメリカ人が夜逃げした。

アメリカ人は家の鍵を持って逃走した。彼が今どこにいるかもわからないし、大きな言い争いだったからいつ復讐にくるかわからない。だから鍵変えた。

 

らしいです・・

That’s crazy….

 

その証拠に家に防犯カメラまで新しく付けられてます。笑

復讐されるとしたら3階にあるぼくの部屋もあぶないじゃん。笑

まぁ、ベトナムは泥棒少なくないですからね。

f:id:vietnamjapanmiru:20181012223418j:plain

しっかり撮影されてるみたいです。

 

まぁ、そんなことはさておき

帰ってきましたよベトナム!!

さっそくローカルレストランに駆け込みます!

ローカルレストランのおばちゃん。別の名をベトナムの母はぼくを見た瞬間ニッコリです。

ベトナム語でめっちゃ何か話しかけてきます。

なんて言ってるかわかりませんが

「どこ行ってたの〜?」みたいなこと言ってるのはなんとなく伝わるので

全部の問いかけに

「ニャパン!ニャパン!!」って言っておきました。(ベトナム人はジャパンのことニャパンって言います)

久々のおばちゃん飯はやっぱりうまい!

 

おばちゃん飯30000VDN(150円)

f:id:vietnamjapanmiru:20181012223504j:plain

 

おばちゃん飯を堪能した後はカフェへ。

ベトナムコーヒー25000VDN(125円)

f:id:vietnamjapanmiru:20181012223520j:plain

 

やっぱりおいしい・・

ベトナムコーヒーは久しぶりになればなるほど美味しく感じます・・

 

やはりバンコクよりホーチミンの方が物価は安いですね。

まだバンコクの方が発展してるとぼくは思います。

バンコクに電車が通っているのが大きいと思います。

ホーチミンにもいつか街中を移動できる電車通って欲しいですね。

そしたらベトナム名物のバイク渋滞は見れなくなるかも・・?

 

 

電車はホーチミンにはまだありませんが今日自動販売機を見つけました。

ぼくがベトナムを3週間離れている間に少し発展したみたいです。

ベトナムで自販機なんて初めて見たw

f:id:vietnamjapanmiru:20181012223729j:plain

f:id:vietnamjapanmiru:20181012223650j:plain

f:id:vietnamjapanmiru:20181012223655j:plain

値段は一律10000VDN(50円)で売られていて外見はもっぱら日本に置いてある自販機に似ています。

日本でぼくは自販機の超ヘビーユザーなのでホーチミンで広がってくれたら嬉しいですね。

 

 

f:id:vietnamjapanmiru:20181012224722j:plain

ちなみに注意書きが書かれていて、どうやらおつりが出ないみたいです。

まだまだガバガバですね。

1本面白そうだから買って見ようとしたところあいにく今日は10000VDN札と小さいお金持っていなかったので次回に持ち越しですね。

果たしてお金を入れたらちゃんと出るのだろうか。

もしくは違うのが出てきたり。。ベトナムだったらあり得るな。。

 

次見つけたら買ってみます!

今日もありがとうございます。

タイで往復7時間かけてカフェにコーヒーだけ飲みに行ってきた話

こんにちは。

久しぶりの記事更新です。

最近サボってすみません。

今はベトナムにはいません。

現在はタイにいます。

タイでTinder開くとレディーボーイがたくさん出てきます。

しかもかわいいです。

街中にもたくさんのレディーボーイがいます。

みんなまぁまぁかわいいです。

 

f:id:vietnamjapanmiru:20181010230232j:plain

3年ぶりのタイ。

3年前には東南アジアをバックパックしていた時に訪れました。

3年前はチェンマイでバイクで道路を運転していると事故りました。

詳しく書くと

高速道路を走っていると合流地点で横から車で来て車体を体にぶつけられました。バイクが車に勝てるわけもなく転倒。

かるく走馬灯見ました。

タイの運転手は曲がる時見ないんです。

というかなぜが曲がった後に見ます(なんで…?)

血だらけの手と足を頑張って使ってバイクを運転して宿に戻りました。

宿のおばちゃんが血だらけのぼくを見てなぜか微笑みました(なんで..?)

優しく止血をしてくれて包帯を巻いてくれました。

その時バックパッカーとしての旅はまだ半分くらいでしたが必殺 自然治癒でなんとか乗り切りました。

 

バイクで事故ったというあまりいい思い出がないタイ。

今回こそは良い思い出を残して帰りタイ!!ということで

行ってきました!ビーチ!!

タイと言ったらビーチです!!

サメット島、サムイ島、ラン島 etc..

すごく綺麗なビーチがタイにはたくさんあります。

その中でも今回はタイから日帰りで行くことができる”ラン島”に行ってきました!

タイに行く前に

1年前までタイでプロサッカー選手をやっていた知り合いの方にタイに行くことを伝えると「タイは今雨季だぞwww」と言われましたw

んー、厳しい世界!w

 

でも、そんなの関係ねぇ

 

ぼくの日頃の行いから考えて必ず晴れる。

そもそも最近はツイてなさすぎる。

高熱出たり、親知らずで炎症起こしたり、それで日本に帰国することになった。

もうそろそろ良いこと起きても良いんじゃないか。そう必ず晴れる!

 

行ってきましたラン島!

ネットで”バンコクからラン島”と検索すると

賢い先人様たちが丁寧にアクセス方法をまとめてくれています!

今回ぼくもラン島へのアクセス方法の記事を書いてPV数稼ごうとたくらみましたが

書いてる人がめっちゃ多いのと先人様の記事が普通に分かりやすかったので潔く諦めました!

なのでこの記事を見てもラン島へのアクセス方法を知ることはできないのでご注意ください^^

さて賢い先人様たちの教えをもとにラン島へ向かう日がやってきました。

朝起きてすぐに窓に向かいます!

注目の天気は・・・

 

 

晴れ!!!

 

これでもか!ってくらい晴天!!

ほら見たことか!神はいるんだ!ありがとう! 

 

準備してバンコクのバス乗り場へ。

ラン島へ行くにはフェリー乗り場があるパタヤまで向かいます。

バンコクからパタヤまではバスで2時間半ほどかかりました。

バスに乗って2時間が経過した頃異変が起き始めます。

 

外が暗いんです。

なんとまぁ。

暗いwww

窓から空を見上げると気象予報士じゃないぼくでもわかる。

これは一雨くる。。

パタヤに着いた頃には土砂降りの雨。

さすが雨季wwwww

だがしかしBut! こんなのは想定の範囲内です!!

なぜならぼくはベトナムで何度もスコールによる大雨を経験しました!

東南アジアの大雨は長くても3時間くらいで止むんです!

短い時には30分で止むことも!

なのでパタヤからラン島へ向かっている途中にこの大雨は止むだろうと推測してフェーリー乗り場へ向かいます!

 

フェリー乗り場への道のり タクシーで向かいました

街が水没しています。。

 

f:id:vietnamjapanmiru:20181010230317j:plain

f:id:vietnamjapanmiru:20181010230318j:plain

 

まるで川の中を運転してるみたい…

フェリー乗り場からラン島へは船で30分ほど

ようやくラン島に到着しました。

気になる天気は・・・

 

 

大雨!!!

街が水没するくらいの大雨ですw

もうやだw

雨も止まずおとなしくカフェでコーヒー飲んでバンコクに帰りました。

往復7時間かけてコーヒー飲みに行ってきましたw

もう帰りタイ(笑)

 

f:id:vietnamjapanmiru:20181010230421j:plain

 

今日もありがとうございます。

 

渋谷のゴールドジムが半端なかった件

※今日の記事はやたら”半端ない”を多用しますのでご了承ください。

 

東京でやることがない。

同級生のみんなは平日の昼間働いている。

ベトナムだったら仕事があるが東京でニートのぼく。

なにしよう。

 

そうだ、ジムに行こう。

 

ということで行ってきました渋谷のゴールドジム

 

結論から言うと、半端ない。

渋谷のゴールドジム半端ないって。そんなんできひんやん普通。って感じでした。

まぁ、ここまで読んでもらっても何が半端なかったか意味不明だと思うので詳しく書いていきます。

 

まずは渋谷へGo。

渋谷を適当に歩きます。するとこんな看板が。

f:id:vietnamjapanmiru:20181003214029j:plain

f:id:vietnamjapanmiru:20181003214035j:plain

 

半端ないって。看板でかすぎるって。デカイんやったら言っといてや。って感じです。

まぁ、冗談はさておき中に入ります。

ビジター料金は1回3100円。驚きのアンリーズナブルプライス。

半端ないって。高すぎるって。そんなんできひんやん普通。高いんやったら言っといてや。

まぁ、ここまで来て

「あ、やっぱ高いんで帰ります^^」とか言ったらダサすぎます。

受付の姉ちゃんも半端ないくらい可愛かったので渋々3100円払います。

 

ちな、3100円あったらベトナムのジムの月会費払えます。

ベトナムで3100円あったら3,4日はある程度裕福に暮らせます。

以前住んでいたカナダだったらジムの月会費10$なので3ヶ月ジムに行けます。

3100円はまじで半端ないって…

 

お金を払って中に入ったらこれまた半端ない。

マシーンの数大杉内。

 

f:id:vietnamjapanmiru:20181003214116j:plain

f:id:vietnamjapanmiru:20181003214242j:plain

 

 外を見るとバルコニー?あります。

f:id:vietnamjapanmiru:20181003214226j:plain

 

f:id:vietnamjapanmiru:20181003214139j:plain

f:id:vietnamjapanmiru:20181003214301j:plain

 

下にはプール。

プールは半端ないって。なんというリゾートちっくなジム。

ゴールドジムの中は基本的にすごく清潔に保たれており

また、会員さんの質も高いので気持ち良くワークアウトできます。

会員さんの質が高いとは具体的に言うと

・マシーンを大きな音を立てて使わない。

・マシーンに座り込んで携帯を長時間いじらない。

・マシーン使った後は重りをしっかりと元の位置に戻す。 などなど

 

ジム内のいたるところで

「マシーンに座り込んでの携帯の使用はご遠慮ください」などの注意書きが見られます。

これほんと大事。

これはジムでのあるあるですが、

他のジムに行った時に使いたいマシーンのところに行くとずーっと携帯をいじっている人よくいるんです。

最初は 「あ、インターバル中かな。」と思ってその場を離れます。

5分後に戻るとまーだ携帯いじってます。しかもニヤニヤしてます。

マザーファッカー

 

こういう人たちは無意識に他人に迷惑をかけてます。携帯するならマシーンに座らず他の場所で立ってして欲しいです。

 

ゴールドジム

サービスの中にジムのクオリティの高さ。

だけでなく会員さんのクオリティの高さ。もぼくらに提供しているとぼくは考えます。

 

会員さんのクオリティに関してケアしてるジムは少ないと感じます。

 

ベトナムのジムなんて最高です。

マシーンは大きな音を立てて使うのは当たり前。常にガッチャンガッチャン音聞こえます。

マシーン使った後は重り戻さないし、スーツ姿や裸足でワークアウトしているベトナム人も少なくないです。

まぁ、これもベトナムの良さ。ぼくは嫌いじゃないです。

まぁ、でも彼らがもしゴールドジムでワークアウトしたら強制退会。

レッドカードです。

 

2時間ほどトレーニングして帰宅しました。

帰り際ロッカーで着替えているとこんな注意書きを見つけました。

 

f:id:vietnamjapanmiru:20181003214336j:plain

 

タトゥーに関しての注意書きです。

ぼくが日本に住んでいた2年前の時ゴールドジムはタトゥー絶対ダメ!!だったのに今は緩和されたようですね。

ただ、トレーニングする時は隠してくださいね。とのこと。

 

ぼくが気になったのは

何でタトゥーの大きさが15cm以下に定められているのか。ということです。

16cmのタトゥーはどうしてダメかなー。

極道の人たちが入れている和彫りの大きさが大体15cm以上なのかな。

 

もしくは大きすぎるタトゥーは怖がられる。でも日本では今タトゥーに対する働きが活発化しているからとりあえず15cm以下に設定しとくか。って感じですかね。

まぁ、ぼくのタトゥーは15cm以下なので有難いです。

ぼくの知り合いの社長さんは2年前にゴールドジムでスタッフにタトゥーがバレて強制退会になりました。笑

 

ビジター料金1回3100円最初は高いと感じましたが

実際に中でトレーニングすると納得の値段でした。

「この環境でトレーニングさせてもらえるなら3100円払ってもいいかな」って感じになりました。

つまり人は価値に見合えば高いお金は払うってことですね。

3100円あったらベトナムで一回女の子とデート行ってラブホまで行けるんですけどね。

それな。

 

f:id:vietnamjapanmiru:20181003214436j:plain